r-tec_slide-01
r-tec_slide-02
r-tec_slide-03
r-tec_slide-04
r-tec_slide-06
previous arrow
next arrow
お知らせ
R-tec Group

青森県善意銀行(運営:県社会福祉協議会)への除菌水S-ionRED寄付に対し、社会福祉法人 青森県社会福祉協議会さまより感謝状を頂きました。


寄付した除菌水は、県内11ヶ所の社会福祉協議会へ寄贈し、施設や児童館などでご活用いただけるとのことです。

9月21日(火)、青森県善意銀行(運営:県社会福祉協議会)へ、除菌水S-ionRED10リットル30ケースを寄附させていただきました。県内の新型コロナウイルス感染者増およびクラスター発生に、除菌の徹底で歯止めがかかるよう願っております。

8月20日(金)、社会福祉法人 八戸市社会福祉協議会へ、除菌水S-ionRED10リットル5ケースを寄附させていただきました。

7月22日(木・祝)に実施した環境保全活動と広報活動を、デーリー東北新聞社さまにご取材ご掲載いただきました。当日は、NPO法人CROSSからも活動にご参加いただきました。

デーリー東北 2021年8月6日掲載(デーリー東北新聞社提供)

平素よりアールテック㈱ スマートライフ事業部の通信販売をご利用いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、夏季休業期間中にいただきましたご注文の商品発送、お問い合わせにつきまして、下記の通りの対応とさせてただきます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

【商品発送について】
夏季休業期間中にいただいたご注文は、日程に応じて以下の通り対応をさせていただきます。

【お問い合わせへの対応について】
・お電話によるお問い合わせ
夏季休業期間中のお電話によるご対応はできかねます。恐れ入りますが、2021年8月17日(火)8:30以降ご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

・お問い合わせフォームからのお問い合わせ
夏季休業期間中もお問い合わせフォームより受け付けておりますが、お返事等の対応は2021年8月17日(火)以降とさせていただきます。

何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

7月22日(木・祝)、三陸復興国立公園内の蕪島周辺の清掃活動を当社とグループ内のNPO法人CROSSからもご参加いただき、実施いたしました。この活動の様子を東奥日報にご取材いただき記事としてご掲載いただきました。
清掃活動は、毎年ボランティアで行っているもので、今年は横断幕を掲げ、チラシを配布しながら海の環境保全活動を呼びかけました。

東奥日報 2021年7月27日掲載(東奥日報社提供)

この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです

 2021年7月1日(木)より、強アルカリ性電解水生成装置「ECO AIM(エコ アイム)」の発売を開始しました。SDGs対策や環境対策と経費削減を同時に実現できる機器として、新たに開発をいたしました。


 本機の特徴は、心臓部にあたるゼロギャップ電解槽に、特許出願中の逆転洗浄機能を搭載し、品質の安定化と長寿命化を実現しました。タッチパネル方式を採用し、操作性も向上。さらに2種類のpH選択が可能で、業種ごとに用途に合わせたpHの強アルカリ性電解水を、ストレートで使用できるのが特長です。


 強アルカリ性電解水は、炭酸カリウムを電気分解して生成される洗浄水です。合成界面活性剤が含まれていないため、ぬめりが少なく、ふき取り時間の短縮、滑りにくいというメリットがあります。安全安心な品質管理を求められる食品工場をはじめ、工業分野、クリーニング、ハウスクリーニング、介護施設、幼稚園などで活用されています。


 特に近年では、食品工場のCIP洗浄・BOD対策に有効であるとの研究報告により引き合いが増加しています。洗剤、すずぎ水を大幅に削減でき、コスト削減に貢献できます。また環境に負荷を与える物質を含まないため、環境保全対策に有効な洗浄水として、脚光を集めています。


資料請求や、実機デモンストレーション等についてのお問い合わせは、以下のバナーをクリックいただき、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

   資料請求などはこちらから ▶▶  

聖火ランナー来社!! 布施雅彦さんが岩手県洋野町大野の区間をしっかり握りしめて走ったトーチ現物をお持ちくださいました。光り輝くトーチのその神々しさに、社員からどよめきと歓声があがりました。

布施さんは、当社のお得意さまで、岩手県洋野町でオリーブオイル・ワイン・自然栽培食品などのECサイトフェアリーチェを運営されています。奥様のご実家の蔵で見つかった酒造りの秘伝書を元に「南部藩・復刻酒プロジェクト」を立ち上げるなど地域活性化のためにご活躍されています。本業と平行して、地域の子供たちに30年間水泳を教えるなど、スポーツ振興にご尽力されてきました。その熱意をもって応募した聖火ランナーが念願かなって実現したそうで、感無量だったとのことです。

当社社員もその余韻にあずかろうと、聖火ランナートーチをお借りして、代わる代わる写真撮影をさせていただきました。

東京2020オリンピック公式 聖火ランナーWeb 布施雅彦さん紹介ページ